救命救急科への医師転職もありえます

救命救急科へ転職をする医師が事前確認したい3つのこと

救命救急科へ転職をする医師が、事前に確認しておきたい3つのことがあります。順番に解説していくことにしましょう。

 

まず1つ目は、スキルアップを図りたいのか経験を生かしたいのかを明確にするということです。

 

救命救急科は、常に求人が出されていますが経験できることは各医療機関によって変わってきます。また救急搬送される件数も大きく違いがあるため、より多くの症例経験を積みたいのであれば搬送件数が多い医療機関へ転職した方が良いということになるでしょう。

 

事業承継のお悩み一覧

 

一方救命救急科の中でも、初期対応だけではなく緊急性が高い患者の治療に力を入れているところがあります。そのような医療機関が出している求人案件は、スキルが高く経験が豊富な医師を求めているといって良いでしょう。

 

ですから求人案件を探す際は、転職後にどのような働き方をしたいのかを明確にしておくことが重要なのです。

 

2つ目は、救急の経験がある場合は全面的にアピールするということです。これは二次救急に限らず三次救急や急性期病院での経験も含めて、救急対応をした事があるということならば、面接の際に全面的にアピールした方が採用されやすいということになります。

 

救命救急科では、常に即戦力となる医師を求める傾向にありますが、以前救急の経験があるということであれば、後は条件交渉をした上で即採用となるケースがほとんどです。

 

3つ目は、他の診療科目との連携状況を確認するということです。特に初期対応に力を入れている救命の現場では、他の診療科目との連携が重要となってきます。

 

そのため転職する際は、働きやすさや現場の環境を事前に把握しておくためにも先に携状況を確認しておくことが重要となるのです。

 

以上3点の確認方法については、転職サイトを活用するやり方が一番手っとり早いでしょう。在籍しているコンサルタントが、詳細情報を常に提供していますので転職活動がよりスムーズになるはずです。転職を考え始めたら、早めに登録を済ませておくようにしましょう。